Live the life you love. Nomad Mama Life

【1〜2歳におすすめの絵本】こぐま社の「こぐまちゃんえほん」

 

2歳娘の最近お気に入り、こぐま社の「こぐまちゃんえほん」。

 

「こぐまちゃんえほん」シリーズはたくさんありますが、

ほんとうに可愛くて、カラフルな色合い、感性が豊かになるようなストーリー、オノマトペを使った表現がたくさんでてきて、とってもおすすめの絵本です。

とくに、1〜2歳くらいにおすすめ。

 

どれもおすすめですが、娘がとくに気に入っている、こぐまちゃんえほんをご紹介します。

 

 

「しろくまちゃんのホットケーキ」

 

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

「しろくまちゃんのほっとけーき」は、ほっとけーきの焼く過程にでてくる、いろんな音がたのしい絵本です。

「ふつふつ」「しゅっ」「ぺたん」などの音が楽しいみたいで、毎回このページは真似して一緒に読んでいます。

こぐまちゃんえほんの中でも、娘も私も一番お気に入りの絵本です。

 

 

「こぐまちゃん いたいいたい」

こぐまちゃんいたいいたい (こぐまちゃんえほん)

「こぐまちゃんいたいいたい」は、どうなったら「いたいいたい」になるのか、「いたいいたい」になったら涙がでるとか、そんなことを学べる絵本です。

こぐまちゃんが涙を流している絵を見ると、娘も一緒に「いたいいたい〜」と言っています。

動物もでてくるので、「あ、キリンさん」「ぞうさん」と言ったりして、動物好きな娘はこの絵本がとってもお気に入りのようです。

 

 

「こぐまちゃん ありがとう」

こぐまちゃんありがとう (こぐまちゃんえほん)

「こぐまちゃんありがとう」は、「ありがとう」と言われることのうれしさと、自分が助けられたときに「ありがとう」と言えることを学べる絵本。

たくさんの挨拶の中でも、「ありがとう」という言葉はとっても大切なことば。

たくさん「ありがとう」を言ったり、言われることのうれしさを教えてあげられたらなと思い、たくさん読んでいます。

 

 

「こぐまちゃんえほん」はほかにもたくさんあるので、ぜひ読んでみてくださいね^^