Live the life you love. Nomad Mama Life

恵比寿にできた鳴門鯛焼本舗の天然鯛焼きが美味しい!

 
 
 
恵比寿の、鳴門鯛焼本舗に行ってきました。
皮がパリッと美味しくておすすめなので食レポします〜。
 
 

恵比寿から徒歩2〜3分にある、鳴門鯛焼本舗

鳴門鯛焼本舗はいろんなところに店舗がありますが、今回は割と最近できた恵比寿に行ってきました。
JR山手線の恵比寿駅から169m、徒歩2〜3分のところにあります。
 
恵比寿一丁目の交差点の角にあるので、好立地ですぐに見つけられます。
 
 
f:id:yoshinomisuzu:20160719133546j:image
 
ちなみに店舗は、関東と関西を中心にあるみたいです。
詳しくはホームページに乗っています。

メニューはこんなかんじ

 
メニューは、

・天然鯛焼 十勝あずき 一匹 160円
・天然鯛焼 鳴門金時いも 一匹 180円
・アイスもなか 120円
・アイスもなか あずき入り 150円

 
がありました。
どれも気になる!
 
f:id:yoshinomisuzu:20160719133554j:image
 
 

ところで鳴門鯛焼本舗って?

 
鳴門鯛焼本舗ってどんな鯛焼屋さんなんだろう・・
 
と思ってたら、お店の壁にこんな説明が。
 
 
f:id:yoshinomisuzu:20160719133603j:image
 
 
まとめると、
・鯛焼が生まれたのは明治42年。
・当時庶民には手の届かない鯛をかたどって作ったのがはじまり。
・鳴門鯛焼本舗の鯛焼は、その当時からずっと受け継がれてきた一丁焼きという製法。
・一丁焼きとは、専用の焼型に生地とあんをのせ、直火で短時間で焼き上げる。
・特徴は、皮の表面がパリッとしてて香りも良い
・作るときの効率は悪いけど、これぞ伝統的な鯛焼だよ!
 
と書いてあります。
 
 
f:id:yoshinomisuzu:20160719133614j:image
 
 
 

お持ち帰りでも美味しく食べる方法

 
あずきか金時いもか、迷いに迷った挙句天然鯛焼のあずきにしました!
 
お持ち帰りでもおいしく食べれる方法が、ご親切に紙袋に書いてありました。
 

美味しく召し上がる方法

1、こさじ1杯ほどの水でたいやきに、ぜんたいにまんべんなくなじませてください。
2、次にオーブントースターで3〜4分ほど焼くと、薄皮のパリッとした食感がよみがえり、香ばしくお召し上がりいただけます。
 
ちなみに冷凍保存の方法も書いてあるので、どうしてもすぐに食べられない場合は↓こちら参考にしてみてくださいね。
 
f:id:yoshinomisuzu:20160719134002j:image
 
 
 

鳴門鯛焼本舗の天然鯛焼あずきを食べてみた

 
と、鳴門鯛焼本舗について説明をしてみましたが、いざ実食!
 
f:id:yoshinomisuzu:20160719134024j:image
 
 
薄皮なので、あんこがうっすら見えちゃってますね。
 
食べてみた感想は・・・
 
うん。
 
ほんとうに皮がパリッとしていて美味しい!
 
あんも、ちょうど良い甘さで、ぎっしりつまっていました。
ほんのり香ばしい香りもして、ほっこりします。
 
f:id:yoshinomisuzu:20160719134031j:image
 
 
鯛焼といえば、
「頭から食べる派?それとも尻尾から食べる派?」
という議論も楽しくて、それも鯛焼ならではの醍醐味ですが・・
 
私は昔は尻尾から派でしたが、最近頭から派になりました。笑
 
f:id:yoshinomisuzu:20160719134039j:image
 
 
 
純粋な気持ちで鯛焼を手にとっていたころは尻尾からでしたが、今は頭からですね。
 
理由は、なんとなく。気分です。笑
 
また、尻尾から派になるかもしれません。
 
まあその議論についてはとりあえず置いといて・・。w
 
 
 
鳴門鯛焼本舗の天然鯛焼美味しかったです・・!
 
次行ったときは金時いもが気になるのでたべてみようと思います。
 
恵比寿近辺は鯛焼き激戦区ということで、他にもひいらぎとかも美味しいし、神田達摩という鯛焼き屋さんも最近恵比寿にできてます。
 
また美味しい鯛焼き屋さんの食レポ、連載しようと思います〜。
 
 
おわり!