Live the life you love. Nomad Mama Life

妊娠中にやって良かった13のこと

妊娠中にやって良かったことがいろいろあるので、今妊娠中の方や子供欲しいな~と思ってる方の参考になればと思って、まとめました^^

全部で13個。

ぜひ参考にしてみてください~♩

 

1、子供が行けないようなレストランに行った

意外と産後でも、子連れランチができるお店が多くて外食できるのですが、子連れNGや赤ちゃん連れNGなお店もありますよね。

静かなフレンチやイタリアン、子連れで行けない落ち着いたレストランなど、そういった子供NGなお店で外食したのは良かったです^^

 

2、旅行に行った

安定期に入ったら温泉旅行やハワイ旅行に行きました。

海外旅行は賛否両論あるし、妊婦健診で順調でないと行けないですが・・・。

ちなみに妊婦健診で「海外旅行に行っていいですか?」って聞いたら、「安定してて順調だけど、OKとは言えません。自己責任です」と言われました。

OKと言って、もし海外で破水したりなんかあったら責任とれないですからね。

なので海外旅行は、事前になんかあった時のために病院などを調べておくとか、飛行機に乗る前に妊婦であること伝えておく(CAさんが気遣ってくれたり、優先して飛行機に乗れました!)とか、準備が必要で、すべて自己責任になります。

妊娠中のハワイ旅行に関しては準備したことや体験記など、また別記事に書こうかな。。

買って良かった本はこれ。

Mama Hawaii


<

3、育児本をたくさん読んだ

本屋さんで立ち読みしたのもあるし育児本は結構読んでいました。

読んでいたおかげで、産後の育児は結構スムーズにいったと思います。

娘が初めて具合悪くなってたくさん吐いたときも、最初はかなり焦ったけど、冷静になって病院に連れていくことができました。
(そのときは病院に連れて行かないと結構危ない状態でした。わからないときは自分で判断せずに、病院に電話したり行くのがおすすめです)

ただでさえ育児は初めてのことばかりでいろんなことが心配になりますが、知っているか知っていないかで全然違うと思います。

おすすめの育児本もこちらの記事で紹介しています↓

本当に参考になったおすすめの育児本6選まとめ

 

4、クラシックを聴いた

クラシックを聴くと良いと言われているので、私も安定期くらいからクラシックのCDをかけて聴いていました。

それまでクラシックはあまり聴かなかったけど、タイトルを見てわからなくても知っている曲が多いし(多分CMで流れている曲とか)、図書館にいる気分になって癒されました。

クラシックが胎教に良いというのもあるけど、クラシックを聴いてリラックスしていることにすごく意味がある気がします。

赤ちゃんはお母さんの気持ちがわかるから、気持ちを穏やかにリラックスしていれば、赤ちゃんも安心してお腹の中でいい気持ちになってすくすく成長できるんじゃないかなと思います。

買って良かった胎教のCDはこれ。おすすめ!

胎教と0歳のためのクラシック ベスト

5、歯医者に行った

妊娠中は赤ちゃんに栄養が持って行かれるから虫歯になりやすいんですよね。

私もそれまで虫歯になっていなかったのですが、歯医者に行ってみてもらったら、小さい虫歯ができていました。

大きな虫歯になる前に早めに治療してもらって良かったです。

 

6、マタニティフォトを撮った

私はハワイ旅行のときにマタニティフォトを撮ったのですが、撮っておいて良かったです。

f:id:yoshinomisuzu:20160501161550j:image

マタニティ期間は人生でほんのすこししか経験できないし、あとで見返してもとても良い思い出になっています。

最近はマタニティフォトが撮れる写真スタジオも多いみたいなので、調べてみると良いかもしれません。

 

7、両親教室に参加した

市や区で開催されている 両親教室に参加しました。

赤ちゃんの抱っこの仕方から、いろんな授乳の仕方、沐浴のいれ方など、いろんなことを実践しながら教えてもらえました。

 

8、マタニティヨガをやった

私は代官山のスイートルーム(今は閉店しています)でマタニティヨガに通っていました。

マタニティヨガは、妊娠中に悩みがちな腰痛や便秘対策のポーズや、出産に必要な筋肉を鍛えることができるポーズなどがあって、安産にも良いと言われています。

気持ちも落ち着くし、お腹の中にいる赤ちゃんに手を当てながらやると赤ちゃんを感じることができて、すごくおすすめです。

マタニティヨガのDVD付きの本もたくさんあります。
(Amazon人気ランキング1位)

DVDつき 安産マタニティ・ヨガ

9、安定期に入ったあたりから、ウォーキングをした

安定期に入ったあたりから、とにかくウォーキングをたくさんしていました。

1日1時間、臨月に入ったら1日3時間くらいしてました。

妊娠中はすごくお腹が減ってたくさん食べていて、しかも体重もすごく増えたので、太りすぎないようにウォーキングをするのはとても良かったです。

安産のためにはとにかく歩くことと言われていたので、歩きまくっていました。笑

 

 10、臨月に入ったらラズベリーリーフティーを飲んだ

安産に良いということで、臨月に入ってからラジベリーリーフティーを1日1杯以上飲んでいました。

でも、ラズベリーリーフティーは子宮収縮作用があるので、妊娠初期は飲まない方が良いです。

私が飲んでいたのはこれ

【生活の木】ハーブティー(ティーバッグ) 有機ラズベリーリーフ 1.5g×100ヶ入り

11、葉酸を飲んだ

妊娠中(とくに初期~中期)に必要とされる栄養素「葉酸」。

食べ物から摂ることが一番望ましいですが、なかなか毎日摂ることは難しいので、足りてないかなと思った時は葉酸サプリを飲んでいました。

私が飲んでいた葉酸サプリはこちら

【AFC公式ショップ】女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

12、乳頭マッサージをした

完全母乳にしたかったので、臨月に入ったら乳頭マッサージをしっかり毎日していました。

オリーブオイルや馬油を使って乳頭をマッサージすると、やわらかくなって母乳が出やすくなるみたいです。

おかげで卒乳するまで完全母乳で育てることができました。

 

13、妊娠線予防オイルを塗っていた

クラランスのオイルを妊娠線予防に塗っていました。 毎日お風呂上がりに。 そのおかげか、妊娠線がまったくできなかったのですすめです^^

クラランス ボディオイル トニック 100ml [並行輸入品]

以上、妊娠中にやって良かったことまとめでした~!

ぜひ参考にしてみてくださいね^^